協和医科器械 > リクルート情報 > CSR 社会貢献の取り組み

企業の社会的責任:トップクラスの医療機器商社としてできること。

イメージ画像

「次世代の医療機器商社の姿を目指す。」「そのためには、果敢にチャレンジする。」そんな想いから、協和医科器械は様々な取り組みにチャレンジしています。

メディメッセージ

医療に触れよう。 体験しよう。メディメッセージメディメッセージの詳細はこちら

一般の方にもっと医療を身近に感じてもらおうという考えから、
病院を初めとする多くの医療機関やその他の団体(※)、医療機器メーカーに働きかけ、
2007年から静岡県内で開催している医療の体験イベントです。

会場に実際の救急車を持ち込んで試乗できるようにしたり、
実際の手術室を再現して手術のシミュレーションを行ったりと、一般の方に気軽に体感していただいています。

イメージ画像

現役の麻酔外科医、外科医、看護師
による実演

イメージ画像

本物の医療技術に触れられる
体験コーナー

イメージ画像

未来を担う子供たちへのおすすめ体験

ページトップ

エスパルス福祉基金

GOAL FOR ALL エスパルス福祉基金エスパルス福祉基金の詳細はこちら

Jリーグチーム・清水エスパルスのホームゲームのゴール数と入場者数に応じた金額を(株)エスパルスへのスポンサー料とし、その全額を「エスパルス福祉基金」として、シーズン終了後に静岡市を中心とした福祉団体や医療機関等に寄付や寄贈を行うもので、2009年シーズンから行っています。

多くの方々にスタジアムへ足を運んでいただくことでホームタウン活性化の一助となるだけでなく、地域福祉の発展に寄与することが目的です。

●ホームゲームでのエスパルス1ゴールにつき5万円●ホームゲームのご来場者1名につき5円

※Jリーグディビジョン1およびルヴァンカップのホームゲームを対象とします。

ハンディキャップ委員会イメージ画像

ハンディキャップ委員会


静岡市里親会イメージ画像

静岡市里親会


ページトップ

協和医科カップ(チャレンジド清水サッカー大会)

知的障がいのあるサッカー初心者が、サッカーのゲームを経験することで、余暇や生涯学習への意欲を持てるようにすることを目的に、
(株)エスパルスの協力をいただいて開催しています。
障がい者のサッカー大会をボランティアが運営することで、
障がい者が生きがいを感じられる地域づくりに寄与します。

協和医科カップイメージ画像

ページトップ

企業の社会的責任:トップクラスの医療機器商社としてできること。
採用メッセージ:素人視点で挑め。医療業界イノベーション。日本一の医療機器商社を目指す協和医療器械の求める人物像とは?
いろんなスタイルで働く先輩社員。先輩社員に聞く!協和医科器械の魅力とは?
協和医科器械で働こう!?
ガイダンススケジュール
企業情報:協和医科器械ってどんな会社?
人材教育:入社後のステップアップ
ページトップ