協和医科器械 > リクルート情報 > 先輩メッセージ > 大瀧尚久

いろんなスタイルで働く先輩社員。先輩社員に聞く!協和医科器械の魅力とは?

うちと同じことは他ではやれない。

ある商品提案でのこと。その病院は、ある機器を購入するため複数の機種を検討していました。担当の先生は当社では扱わないメーカーの商品を気に入っていて、当社は始めから劣勢でした。そこで、デモなどを行いながら当社が得意とするフォロー体制を地道にアピールしたんです。うちと同じことは他の医療機器商社ではやれないという自負があったんですね。最終的に当社の提案した機種に決めていただけたのも、そのサービス力が認められたからでした。
当社の営業のいいところは、病院スタッフの一員のように一体化して仕事できること。ドクターたちの要望に対して的確な商品を提案し、「こういうの待ってたんだ」という反応があると達成感を感じます。医療機器商社で病院とこれほど信頼関係を築いているのは、当社ぐらいだと思います。私もいつかどんな困難なフィールドでも当社の良さを発揮してみたい。そして業界No.1をめざす会社の目標に貢献したいですね。

イメージ写真

大瀧尚久 プロフェッショナル営業本部 内視鏡営業部

工学部電子情報工学科卒、2006年入社
学生時代に接客アルバイトを経験。
工学系の技術職よりも営業の仕事に興味を持ち、「医療の世界が楽しそうで」入社を志望。

一日のスケジュール

8:00 静岡本社 > 9:30 製品チェック > 11:00 島田市内 > 13:00 袋井市内 > 16:00 掛川支店
静岡市内の本社にいる朝のわずかな時間に、眺めのいいカフェテラスで一服。 倉庫にて修理から戻ってきた製品をチェック。 島田市のA病院に着くと、修理品を納品して入れ替え作業。 袋井市内のB病院にて新型内視鏡のデモ。 掛川支店へ資料を取りに。

担当病院が静岡県西部に多いので、静岡本社にいる時間はわずか…。支店の仲間との会話が貴重な情報交換の場に。

※画像をクリックすると拡大表示します。

ページトップ

INTERVIEW

イメージ写真

行動力を掻き立てる、「一品」

一品イメージ
レンチ&ドライバー

鞄に工具が入っているのが協和の「プロフェッショナル営業」の証。納品した機器のメンテナンスや修理は簡単なことなら自力でやります。たったこれだけの道具ですがお客様にとっては大きな安心につながるんです。

先輩社員インタビュー

Q.内視鏡営業って難しそうですが?

内視鏡だからといって難しいことはありません。高額な機械を取り扱うので難しいイメージはありますが、機械は機械です。何でもそうですが、苦手意識を持つことが仕事の幅を狭めることだと思います。

Q.失敗したことはないですか?

もちろんあります。全国に数台しかない特殊な医療機器をあちこちの病院で回して使っているのですが、連絡ミスがあると次に使う病院に届いていなかった!という事態になってしまいます。社内コミュニケーションは大事ですね。

Q.新人社員へのアドバイスを一言

お客様の要望に応えることはもちろん、相手の立場に立って考えることですね。その上でプラスアルファを考えられる仕事をして欲しいです。こう言ったらこういう反応が来るという読みが大事ですね。


ページトップ

  • いろんなスタイルで働く先輩社員。先輩社員に聞く!協和医科器械の魅力とは?
  • プロフェッショナル営業本部検査システム営業部 高林弾 「お前がやってくれるなら、任せるよ。」
  • プロフェッショナル営業本部内視鏡営業部 大瀧尚久「うちと同じことは他ではやれない。」
  • 本社営業部(エリア営業) 朝原啓太「何かあったら、協和さん」
いろんなスタイルで働く先輩社員。先輩社員に聞く!協和医科器械の魅力とは?
  • プロフェッショナル営業本部内視鏡営業部 大瀧尚久「うちと同じことは他ではやれない。」
  • プロフェッショナル営業本部検査システム営業部 高林弾 「お前がやってくれるなら、任せるよ。」
  • 本社営業部(エリア営業) 朝原啓太「何かあったら、協和さん」
採用メッセージ:素人視点で挑め。医療業界イノベーション。日本一の医療機器商社を目指す協和医療器械の求める人物像とは?
企業の社会的責任:トップクラスの医療機器商社としてできること。
協和医科器械で働こう!?
ガイダンススケジュール
企業情報:協和医科器械ってどんな会社?
人材教育:入社後のステップアップ
ページトップ